​チケット価格 / 継続的支援について

​こんにちは。情熱のフラミンゴの代表を務めている島村和秀です。

このページでは、試作『ちょっとまって』のチケット価格について説明します。

今回のチケット価格。一般的な演劇チケットの相場と比べると安すぎると思います。これはデフレの煽りを受けて価格破壊をくわだてている…というわけではなく、自分たちを安売りしたいわけでもありません。

ぼくは芸術というのは、個人の経済状況に関わらず多くの人に見ていただける入り口があるべきだと考えています。ただ、そうした理念は、きれいごととして現実的な予算によって打ち砕かれていました。

 

しかし今回、「アートにエールを!(ステージ版)」と文化庁の「継続支援事業」、2つの支援金をいただくことができ、チケット収入に頼りきらなくても、俳優、スタッフに順当な報酬を支払うことができる目処が立ちました。

そのため、今回は低チケット価格で見られるようにしています。今回の公演は、試作と銘打ち製作途中発表となっているため、チケット価格を安くしているということもあるのですが、できれば2021年度に上演予定の『完全版』も同じような価格帯にしたいと考えています。

そもそも支援金はコロナ禍での芸術活動に対する支援ですが、そうした支援の手はアーティストだけでなく、芸術を鑑賞する鑑賞者のみなさまにも届くべきだとぼくは考えています。そのため、本作を見て演劇を面白がっていただけたら、たくさんの公演が東京、引いては日本には上演されています。ぜひ、そちらの方にも足を運んでいただけたら幸いです。

また、来年度の完成版を目指し本作を創作しますが、本作を鑑賞いただき、「ちょっとまって」をプロジェクトとして応援・支援してくださる方に向けて、情熱のフラミンゴの銀行口座に寄付できるようにも手配しています。

舞台がこれまで以上に身近なものになるよう、情熱のフラミンゴは挑戦していきます。そして、日本の舞台芸術が更に発展するよう、微力ながら貢献できればと考えています。どうぞ、ご期待ください!

情熱のフラミンゴ  代表      島村和秀

​「ちょっとまって」継続的支援をご検討の方へ

「ちょっとまって」は本公演の試作から、2021年度上演予定の完成版まで、約一年をかけて創作するプロジェクトです。

情熱のフラミンゴでは、完成版もリーズナブルな価格で鑑賞でき俳優・スタッフに相応の報酬を支払うよう努めたいと考えています。

そうした考えに共感いただき、ご支援のご検討をいただける方には情熱のフラミンゴの銀行口座をお伝えいたします(ページ下部のフォームよりメールアドレスを入力)。金額は一切問いません。ご負担のない限りでお心付けをお送りいただければ幸いです。

また、本プロジェクトにご支援いただいたお客様で、名前の掲載許可をいただける方には、HPや次回公演以降のクレジットに「製作支援協力」の名義で掲載させていただきます。

ご支援いただける方、ご検討いただける方は下記のフォームよりメールアドレスを送信してください。メールにて振込先とお礼のメッセージをお送りいたします。

ぜひご支援のご協力をよろしくお願い申し上げます。

『ちょっとまって』を支援する